尼崎に謎の風習?ウサギ耳の石

夕食時になにげなくテレビをつけてたら
「尼崎に謎の風習?ウサギ耳の石の秘密とは」
というテーマをやってました。

ふ~ん。。と思い見てみたら何やら見たことある風景ばかり
そう、今回のロケ地はなんと富松町でした!

なにやら富松町2丁目付近でウサギの耳の形をした石を置いてる家が多いらしく調査をしてたようで・・

富松町には富松城跡があるのでお城のお堀の一部かと調べてみるもどうやら違うみたい。。

正体がわからないので富松神社の神主に直撃してみると・・
ウサギ耳の石は、むかし脱穀に使ってた石だったみたい

富松町はむかし稲作が盛んで当時は石うすを使って脱穀をしてたようで、その時使ってたの石がウサギ耳の石として今も残ってるようでした

いやぁ~初めて知りましたね。。富松町に住んで10年だけどまったく気にしたこと無かった。。

富松神社のある2丁目は昔から住んでる地主さんが多いんで、今もウサギ耳の石があるんですね。


富松町2丁目といえば私がリビング新聞配達のバイトをしてるエリアなんで見つけてみたい思います♪


というかなりマニアックな内容のテレビでした☺

アメブロ
https://ameblo.jp/aoi-estate-amagasaki

2021/4/15